葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量

葉酸サプリ110番|トップページ > 葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量について

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

産後や授乳期の葉酸不足による影響について

葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量について

まず妊娠初期で葉酸を飲んできたけど、葉酸は産後にも必要なのか?と疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から申し上げますと『葉酸は産後も必要ですし摂取したほうが良い』です。

 

産後や授乳期間に葉酸が不足した場合、あらゆる影響が出ると言われています。葉酸はホルモンバランスを整える作用があることから、不足すると、妊娠中に分泌されていたホルモンから通常時のホルモンへと急激に入れ替わることによる、ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすくなると言います。ホルモンバランスが乱れた場合、「抜け毛」「むくみ」「産後うつ」といった症状が出るとされています。

 

特に産後は抜け毛に悩むママさんも多いので、葉酸を摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?抜け毛に関しては『産後の抜け毛の原因に対する葉酸の効能』で詳細を確認して頂けたらと思います。

授乳期間の葉酸の必要性は?

葉酸と悪性貧血

授乳期間に関しては、葉酸は母乳を作り出す血液の元になったり、母乳の栄養となって成長を行わせる細胞分裂に関与することから不足すると母乳が作られなかったり、質の悪い母乳になると言われています。

 

それを赤ちゃんが飲み続けた場合、赤ちゃんの知力や視力や体型など成長に影響を及ぼす恐れがあるといいます。また、葉酸は赤血球をつくることで悪性貧血を予防・改善する効果があるとされているために、不足した場合は、立ちくらみやめまいなど悪性貧血を起こすとも言われています。

 

産後は胎児に栄養を与えたことで、又授乳期は母乳で赤ちゃんに栄養を与えることで葉酸は不足しやすい状態になるので上記のことから葉酸は妊娠初期だけではなく、産後や授乳期間も摂取することが大切となります。

産後の葉酸の推薦摂取量は1日に340μg

葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量について

産後や授乳期間の葉酸摂取量ですが、厚生労働省は『1日に340μg』の推奨量を開示していて、このうち『100μg/日』は、サプリ等の食べ物以外からの摂取が好ましいとしています。

 

上限量に関しては、1000μg/日であり、これ以上は過剰摂取による副作用(吐き気やむくみなど)に繋がる恐れがあるとしているので、きちんと量を守って摂取するようにして下さい。とはいえ、何を食べればどのくらい葉酸が摂取できるのか?わからない方も多いと思いますので『葉酸が多い食べ物・食品一覧【妊娠中のNG食品ガイド付き】』でまとめさせて頂きました。

 

すぐに手に入る身近な食材も多いのでそちらを参考に1日に食事から340μgの葉酸摂取を意識してみてください。あっ今日は足りないな?と感じたならその分はサプリを多く普段1粒のところを2粒飲むなど摂取量を調整すると良いでしょう。

母乳の出をよくする!母乳を作るのも葉酸

授乳中のママ

葉酸は、造血ビタミンといって血液を作る役割があり、その血液が乳房に運ばれて乳腺の腺房で母乳ができるといいます。同時に、葉酸によって血行が良くなることで多くの良質な母乳が作られて、赤ちゃんも十分な栄養補給になると言われています。

 

同じ造血作用のある栄養成分に鉄分がありますが、母乳の分泌には鉄分が多く必要となる為、鉄分も不足しがちになりやすいです。妊娠中の貧血の95%は鉄欠乏性貧血によるものと言われていますので、サプリを選ぶ時は鉄分を含む葉酸サプリを選ぶようにすることです。

 

選び方は『葉酸サプリの比較表』にまとめておりますのでそちらを参考にしてください。

 

また母乳の出が悪い場合は、赤ちゃんの吸い方に問題があるケースが多いと助産師さんは指摘していますので以下の正しい吸い方2つのポイントを確認するようにしましょう。

〜母乳の出が良くなる正しい吸い方の2つの確認ポイント〜
1.上下の唇が約180度としっかり開いている(上唇がめくれている状態)
2.乳首の先ではなく乳輪を口で覆っている

葉酸は産後の子宮回復の向上にも働きかける大切な成分

葉酸は産後の子宮の回復力の向上効果もあると言われています。

 

仕組みは、葉酸には新しい細胞へと生まれ変わらせる『細胞分裂』をサポートする働きがあり、出産でダメージを受けた子宮の細胞分裂を行わせることで、元の状態に回復させると言います。

 

また、葉酸によって母乳がしっかりと作られると、赤ちゃんが母乳を飲む際に吸う刺激でオキシトシンが多く分泌されることから子宮収縮促進効果も高まり子宮の回復に繋がるとも言われています。

産後の葉酸サプリの選び方必要量100μgを摂取できることがポイント

葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量について

産後の葉酸摂取の為のサプリメント選び方は厚生労働省による産後の推薦摂取量が100μgを小分けして摂取できる点がポイントです。

 

ピジョンやDHCやアサヒなど多くの葉酸サプリは妊娠初期に合わせて400μg/日を摂取できるものが殆どです。しかも400μgが1粒で摂れるタイプと為に産後の飲む量としては過剰気味になってしまいます。そのため産後だけでなく葉酸サプリは1日数粒400μgを摂取できるものを選ぶことが大切です。

 

例えばベルタ葉酸の場合は4粒で400μg(1粒あたり100μg)ので妊娠初期は4粒飲めばよいですし、妊娠中期は2粒程度、産後は1粒を飲めば必要量を超えることなく摂取できます。まとめますと『錠剤で分けて摂取できるもの』・『鉄分を含むこと』を基準に添加物等も確認するようにしましょう。

 

この記事の関連ページ

 

葉酸サプリ110番|現役医者が明かす妊娠中おすすめの葉酸サプリ

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top