妊娠 ビタミン

葉酸サプリ110番|トップページ > 妊娠中に葉酸サプリ以外に摂取したほうが良いビタミン

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

葉酸以外に妊娠中には何を摂取したほうがいいの??

 

妊娠時に葉酸以外でも、必要なビタミンなど栄養素があります。葉酸以外に妊娠中に必要なビタミンは、主に『ビタミンC』『ビタミンB6』『ビタミンB12』の摂取が重要と言われております。それぞれ、葉酸と摂取することで相乗効果を発揮します。各栄養素の必要性について下記より説明していきます。

一緒に摂ることで一つ一つの栄養素の効果が高まる

葉酸 奇形のリスクを低下させるだけではなく、流産防止にも役立ちます。
ビタミンC 胎児の脳の発達に関与していて、こちらが不足すると記憶を司る海馬の発達が未熟となるケースが多いです。
ビタミンB6 ひどいつわりの症状を緩和する効果だけではなく、妊娠中毒症の予防にもなります。
ビタミンB12 他の栄養素と同様に健康な赤ちゃんを産むために必要不可欠なこちらは、不足することで神経管閉鎖障害や無脳症のリスクが高まるとされています。

 

上記のそれぞれの栄養素をしっかりと働かせて奇形や流産のリスクなどを回避するためにも、葉酸だけではなくビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12も大切となります。

 

また、それ以外でも、過剰摂取は奇形のリスクが高まるものの必要最低限量の『ビタミンD』の摂取も大事で、こちらは妊娠中では胎児の発育<骨形成>に役立ちます。

 

加えて、ビタミンAに関しては、レチノールとベータカロチンの2種類がありますが、も、過剰摂取は奇形のリスクを考慮するとベータカロチンからの補給が好ましいです。過剰摂取を意識しすぎるあまり、摂取しないと今度は流産のリスクを高めてしまいます。

 

 

さらに、妊娠中では栄養はもちろん血液も胎児へと行き渡ることから貧血が生じやすくなるので、『鉄分』といった栄養も必須です。

 

 

このように、妊娠中では葉酸以外にも摂取するべき栄養素がたくさんあります。

 

これらを補うためには、食べ物という手もありますが、一番は必要なビタミンを一度に摂取できるサプリがお勧めです。天然由来のベルタ葉酸サプリなら、13種類のビタミンと14種類のミネラルが配合されており天然の葉酸を始めとしたビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12や鉄分の配合もきちんとあります。

 

他にも、ベルタ葉酸サプリは妊娠中に不足しがちな野菜が18種類も配合されていたり、錠剤も小粒なので、つわりで食欲がなくてもサプリである程度の栄養が補えます。さらには、先ほども触れたように過剰摂取が奇形に繋がる恐れのあるビタミンDやビタミンAといった脂溶性ビタミンの配合は、少量に抑えるなどの配慮もきちんとしています。

 

それだけではなく、プラセンタ、ツバメの巣、コラーゲンなどの美容成分の配合もあるので、妊娠中のホルモンバランスの乱れによる荒れがちな肌の改善にも役立ちます。これらのことからも分かる通り、妊娠中は葉酸だけでなく、母体や胎児を成長に必要な栄養を効率良く摂取できる葉酸サプリの飲むことが好ましいといえます。

 

産婦人科の医師が葉酸サプリの選び方を教える

この記事の関連ページ

 

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top