妊娠中の免疫力低下の原因と対策

葉酸サプリ110番|トップページ > 妊娠中の免疫力低下の原因と対策

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

なぜ妊娠すると免疫力が低下するのか?

妊娠中の免疫力低下の原因と対策

 

妊娠すると母体の免疫力が低下するとよく言われておりますが、特にその中でも『細胞性免疫』が低下するということがわかっています。
この細胞性免疫が下がってしまいますと、病気の原因菌などの排除ができなくなってしまうのでその結果、風邪やインフルエンザにかかりやすい状態になります。

 

またこの『細胞性免疫』が低下すると、病気にかかりやすいだけでなく病気が重症化しやすく妊娠中の風邪が治りにくいのはその為と言われています。
やはり病気にかかると治療のために薬などを飲まなくてはなりませんし、胎児への負担が大きいものになりかねないので特に妊娠中は生活習慣の中でも免疫力を意識したいものです。

葉酸は免疫力を高め・胎児を守る為にも必要な栄養素

葉酸サプリを飲んだ方の中には「翌日の目覚めが全く違う!」などの効果が共通しており、当サイト(葉酸サプリ110番)でも効果を感じている妊婦さんが多くいらっしゃいました。
特に葉酸に関しては核酸合成の重要ビタミンをされ近年、色々な効果・効能が発見されておりますが実は免疫力に関しても大きく関係していることがわかっております。
そもそも病気の原因から体を守る働きをするのは粘膜や免疫細胞により守られています。

 

粘膜や免疫細胞は『タンパク質』からできており免疫力が低下しているとそれらが不足している状態になり病気を引き起こしてしまいます。
葉酸にはタンパク質の合成を促進する働きに大きく関わっており、摂取することで粘膜や免疫細胞を強化し病気の原因菌から体を守ってくれるのです。
免疫力を高めるためには意識して葉酸を摂取するということが体つくりには大切なことと言えます。

妊娠中にできる!免疫力低下の対策3つ!

胎児を守るためにも、免疫力低下は避けて通れませんが、きちんと対策することで風邪などをひきにくくすることは可能といいます。

手洗い・うがいをおろそかにしない

外出して帰ってきた際は、うがい手洗いを行うことが大事となります。加えて、あたたかい格好をして体を冷やさないようにしたり、乾燥しないように水分摂取や加湿器をつけたり、睡眠を十分にとって体を休ませるなど、基本的なことをしっかりと行いましょう。

食事に気を使う

食事に気を使うことも大事で、ウイルスを退治するようなきのこ類・海草・にんにく・じゃがいも・ブロッコリーなどはおすすめです。なかでもブロッコリーは葉酸も豊富に含まれているので良いですが、これらばかりを食べているとバランスが偏ってしまいますので基本はバランスの良い食事を心がけることが一番大切となります。

便秘を解消する

妊娠中は、便秘になりやすいのですが腸は免疫システムと関係が深いとされており、快便であるほどに免疫力が高いといったデータもあります。その為、食物繊維や乳酸菌を含むヨーグルトなどを食べて便秘対策することも対策としてあげられます。

胎児を守るための免疫力低下対策まとめ

産婦人科ドクター冒頭に書いたとおり、特に妊娠中は免疫力が低下しやすく風邪やインフルエンザにかかりやすい状態です。病気を治すための薬の服用は胎児へ負担がかかってしまい胎児の発育に影響が出る可能性もあるといいます。
葉酸を普段から摂取すること大切ですし普段の生活習慣にも気を使いたいところ。日頃よりしっかりと対策を行っていくことが大事と言えます。

 

この記事の関連ページ

 

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top