これで妊娠力UP!不妊・自然妊娠に良い漢方薬と葉酸サプリの相性

葉酸サプリ110番|トップページ > これで妊娠力UP!不妊・自然妊娠に良い漢方薬と葉酸サプリの相性

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

不妊・自然妊娠の為に漢方薬をはじめる目的

不妊・自然妊娠の為に、漢方薬を使った漢方治療をはじめることはオススメで、身体本来の機能を取り戻すことで、無理なく、妊娠に至り、漢方治療で妊娠している方も多いです。

 

漢方薬・薬膳茶

 

身体に優しい植物性の生薬からなる、漢方薬は、東洋医学の一種であり、不妊の原因を改善する、いくつかの生薬が調合された漢方薬を飲むことで、1〜3ヶ月程度で体質が改善され、卵巣機能の向上、卵子の成熟、着床率アップなど、妊娠に必要な環境が整って、妊娠に至りやすくなります。

 

一般的な不妊治療の、ホルモン治療や人工授精などは、化学物質を用いるため、身体への負担も大きかったり、今起きている症状のみにアプローチするため、効果が十分ではなく、妊娠率は10%〜15%といったところです。それに対して、漢方薬は、身体に負担なく、根本から不妊の原因が改善されていくので、妊娠する確率も高くなります。

 

ポイント不妊の原因の根本に働きかけて、自然な形で妊娠させる、漢方薬は、一般的な不妊治療のように、身体や精神に負担がかかって、体力や気力が消耗されることもありませんので、妊娠後も元気に過ごせます。

自分に合った漢方薬の選び方

漢方薬局自分に合った漢方薬を選ぶためには、『漢方薬局』で、不妊に効く漢方薬が欲しいことを伝え、身体の状態を見る四診と言われる、脈診、舌診などを受ける必要があります。

 

ドラッグストアでも、漢方薬は置いてありますが、漢方薬局と、生薬の種類や質に違いがあるため、効果が十分ではないことがあります。また、四診しないケースも多いことから、自分にぴったりの漢方薬が手に入るとも限らないので、お近くの漢方薬局で、処方して貰うことがおすすめです。

 

漢方薬局の場合、ドラッグストアよりも、値は張りますが、効果が十分ですし、高額な不妊治療よりは、安く続けることができます。

不妊や自然妊娠に良い漢方薬一覧

クコの実

漢方薬局では、不妊や自然妊娠を希望する方は、冷えや血行不良がおきていることが多いため、これらに効く漢方薬がおすすめされます。

 

妊娠しやすくなるだけではなく、他の効能が期待できるものばかりですので、一石二鳥の効果となります。

 

漢方薬によっては、ドラッグストアで購入できたり、注意点や副作用があるものもありますので、併せてチェックしてみてください。

 

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)

フホウトウキコウ

 

トウキ、センキュウ、オウギなど、9種類の生薬が原料の、婦宝当帰膠は、血を補って、身体を温め、血の巡りを良くする効果があり、貧血、冷え症、生理不順、生理痛、肩こり、頭痛などの症状にも効きます。不向きな人もいて、体温が高い、ほてりやのぼせがある方には、基本的に処方されません。

 

購入したい場合は、漢方薬局(取り扱い店)で、四診の際に希望すると、購入できます。この際、他の漢方薬の方が良い場合は、そちらが提案されます。

注意点として、他の病気を治療中・胃腸が弱い・薬の服用でかゆみや発疹などの症状が出たことがある方は、購入する前に、薬剤師に相談する必要があります。

また、1ヶ月間服用して、全く効果が出ない場合も、薬剤師に相談してください。

芎帰調血飲第一加減(キュウキチョウケツイン)

キュウキチョウケツイン

 

冷え性や血流改善から、不妊はもちろん、生理不順や産後の体力低下にも効く、トウキ、コウブシ、コウカ、ケイヒなど、複数の生薬が含まれており、この漢方薬が向いている人は、虚弱体質、体力低下、貧血、気分が塞ぎやすい人です。

 

購入したい場合は、漢方薬局(取り扱い店)で、四診の際に希望してみてください。

注意点として、他の病気を治療中・妊娠中・胃腸が弱い・薬の服用でかゆみや発疹などの症状を起こしたことがある方は、購入前に、薬剤師に相談する必要があります。

 

副作用に、発疹、かゆみ、吐き気、食欲不振、胃部不快感などの症状がありますので、何らかの症状が起きた場合も、直ちに服用を中止して、薬剤師に相談してください。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

トウカクジョウキトウ

 

ドラッグストアでも売られている、桃核承気湯は、トウニンやケイヒなど、血流を良くする生薬が含まれていて、冷え性、肌荒れ、便秘、生理痛にも効きます。この漢方薬が向いている人は、体力があり、どちらかというと肥満体質で、顔色が良く、便秘によって下腹部が張っている人です。

注意点として、他の病気を治療中・妊娠中・虚弱体質・胃腸が弱い・以前に薬の服用でかゆみ等の症状を起こしたことがある・下剤を服用している方は、購入前に薬剤師に相談する必要があります。

 

副作用に、発疹、かゆみ、腹痛、下痢などの症状がありますから、何らかの症状が起きた場合も、服用を中止して、薬剤師に相談してください。

また、1ヶ月間服用して、全く効果が出ない場合も、同じく薬剤師に相談してください。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

toukisyakuyakusan

 

こちらも、ドラッグストアで購入可能で、血流を良くして、身体を温める、トウキやセンキュウなどの生薬が含まれていて、冷え性、疲労、貧血、生理不順、生理痛、むくみ、頭痛、めまい、肩こりなどにも効きます。この漢方薬が向いている人は、色白で痩せ型、冷え性があって体力がない人です。

注意点として、他の病気を治療中・胃腸が弱い・以前に薬の服用でかゆみ等の症状を起こした方は、購入前に薬剤師に相談する必要があります。

 

副作用に、発疹、かゆみ、食欲不振、胃部不快感などの症状がありますから、何らかの症状が起きた場合も、服用を中止して、薬剤師に相談してください。

また、1ヶ月間服用して、全く効果が得られない場合も、同じく、薬剤師に相談してください。

漢方薬を飲むタイミング

漢方薬は、空腹時である、『食前(食事の30分前)』または『食間(食事の2時間後)』に、『水または白湯』と一緒に飲みます。

 

お薬とお水

 

空腹時の理由は、胃の中に食べ物が入っていると、混ざり合って、効果を損なうことがあるからです。

 

水以外のジュース等と飲むのも避けた方が良く、苦味を味わうことで、胃腸の調子が良くなるなど、漢方薬の味に効果が有る場合もあるので、水または白湯が良く、胃腸の調子が悪い時は、胃腸を冷やして機能低下にならないためにも、白湯と飲んだ方が良いです。

 

漢方薬には、独特の苦味があって、飲むのがキツイ場合は、薬剤師に、そのまま飲まなくても大丈夫かどうかを確認して、薬局等で売っている、オブラートに包んで飲むと良いでしょう。

漢方薬と葉酸サプリの相乗効果

葉酸サプリは、妊娠してすぐの胎児の成長サポートから、脳や脊髄の障害である、神経管閉鎖障害のリスクを低減するため、厚生労働省から、妊娠希望者や妊娠初期の摂取が推奨されています。

 

また、妊娠前に飲むことで、正常な卵子や精子の形成から、ダウン症のリスクを低減させたり、不妊の方では、着床率を高めるため妊活中から飲んでいる方も多いです。

 

漢方薬と葉酸サプリの併用

 

漢方薬との併用が問題ないため、併用されている方もいて、併用による『相乗効果』から、健康な子供を妊娠されている方も多いです。

 

相乗効果の仕組みは、こちらでも紹介している、不妊や自然妊娠の為の漢方薬は、血流改善効果があり、葉酸の栄養が身体の隅々にまで行き渡って、葉酸の効果が十分になるものです。葉酸サプリに関しても、造血作用があるため、血を補うことで、漢方薬にある、血流改善効果が高まって、不妊や自然妊娠に至りやすくなります。

 

十分に、相乗効果を出す飲み方は、「同時摂取を避けてずらして飲む」ことです。二つが混ざることで、効果が低下することもあるので、葉酸サプリは、就寝前にまとめて飲むなど、ずらして飲みましょう。

 

ポイントまた、併用する上での注意点として、「妊娠後は漢方薬の服用を止める」ことです。こちらで紹介している漢方薬の中にも、妊娠中NGなものがあって、妊娠中の体調を悪くする可能性もありますので、こまめに妊娠をチェックして、妊娠が分かったら、葉酸サプリ一本に絞りましょう。

漢方薬・葉酸サプリと上手く付き合って妊娠するためにできる生活習慣

漢方薬と葉酸サプリを摂取することは、妊娠の確率をあげるために得策ですが、不規則な生活、睡眠不足、偏った食生活、ストレス過多など、生活習慣が乱れている場合は、身体の機能が弱りやすいため、高い効果が期待できないこともあります。

 

規則正しい生活を!

 

そんなことにならないためにも、『同じ時間に起床して就寝するなど規則正しい生活・7時間以上の睡眠・外食やコンビニは控えて料理をつくる・ストレスを溜めないように運動や趣味を充実させる』ことにも、気を配っていきたいところです。

 

産婦人科の不妊治療でも、まずは生活習慣を正すように指摘されますから、漢方薬や葉酸サプリだけに頼らずに、生活習慣にも気を配って、妊娠の確率を上げていきましょう。

まとめ

女医漢方薬による漢方治療は、自然な形での妊娠が期待でき、ホルモン治療等の不妊治療を受けて、効果が出なかった方でも、妊娠に至っています。

 

ただし、効果を出すためには、自分に合った漢方薬を飲む必要があるので、あらゆる診断から、自分にぴったりの漢方薬を処方してくれる、漢方薬局の漢方薬がおすすめです。食前または食間の摂取と、正しい飲み方であれば、十分な効果にもなります。

 

また、葉酸サプリと一緒に飲むことで、相乗効果も期待できますから、「漢方薬と葉酸サプリの相乗効果」で紹介した、飲み方や注意点に気をつけながら、併用してみてください。

 

気をつけることと言えば、もう一点ありまして、食生活や睡眠など生活習慣を見直して、健康的な毎日を送ることも大切で、漢方薬&葉酸サプリにある、妊娠率を十分に上げることに繋がります。

 

この記事の関連ページ

 

葉酸サプリ110番|現役医者が明かす妊娠中おすすめの葉酸サプリ

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top