葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?

葉酸サプリ110番|トップページ > 葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばよいのか?摂取期間と重要時期について

葉酸サプリというのは、妊娠を考えている方はもちろんのこと妊娠中に必要な栄養素となっているので、妊活をしようと決めた日に飲み始めることが一番良いといわれています。

 

具体的には、妊娠が分かった日には体内に葉酸がしっかりと充足している必要があるため、なるべくは妊娠希望日から逆算して“約1ヶ月前”までには飲み始めた方が良いとされています。

 

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

反対に、妊娠が判明してから葉酸を摂り始めてしまうことは遅い?と心配する方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

 

妊娠前から摂取したほうが、より効果的と言われておりますが、妊婦さんに人気のベルタ葉酸のアンケートによると、40%以上のママさんがが妊娠が判明してから葉酸サプリを飲んで元気な赤ちゃんを産んだというアンケート結果がでていました。

 

葉酸は妊活や赤ちゃんのためだけでなく、早産や流産のリスクを軽減するとともに、子宮の細胞に働きかけ子宮がん防止にも効果があることから妊娠前・妊娠中でも摂取したほうが良いというデータと言えます。

葉酸の摂取で最も重要な期間は妊娠前から妊娠3ヶ月まで!

医師に相談する妊婦

葉酸サプリの摂取でもっとも重要な期間は厚生労働省より妊娠前から妊娠3ヶ月(8〜11週)までと言われています。

 

理由は、妊娠してからの3ヶ月間は、胎児の脳や脊髄といった成長が行われ、葉酸は、細胞分裂による成長サポートから、脳や脊髄の奇形のリスクを減らすことができるとされているからです。

 

また、妊娠がわかってからは、すでに妊娠3ヶ月など脳や脊髄の成長が終わっているケースもあることから、妊娠前からの摂取が推奨されています。

妊娠初期の期間別の葉酸の必要性の意味について

妊娠前〜妊娠1週目から2週目の葉酸の働き

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

妊娠前や妊娠初期は特に葉酸の摂取がより効果的といわれており、この時期から摂取しておくことで神経障害児の出生リスクを葉酸の摂取することにより70%軽減できるとされています。

 

このことから、なるべくは妊活中から葉酸サプリは摂取したほうが良いということがわかります。妊活時期の葉酸の効果については『専門医が明かす妊活サプリ!男女別サプリの大切な栄養成分と生活習慣』にまとめておりますのでそちらを参考にして下さい。

妊娠4〜12週目の葉酸の働き

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

この時期ともなると胎児の栄養成分の分裂が非常に盛んになるようです。

 

もっとも胎児の細胞は発達する時期と考えて頂ければよいでしょう。この時期に葉酸が不足すると胎児の脊推が2つに分かれてしまう、二分脊推になる確率が大きくなるようです。やはり、この時期にも葉酸不足には注意しなければなりません。

妊娠4ヶ月以降は飲まなくても良いのか?

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

結論から言いますと、厚生労働省は妊娠3カ月〜4カ月頃までが葉酸摂取の重要期としているものの、妊娠4カ月以降も葉酸の推奨量(480μg)は、普段よりも多く摂取するように定めています。

 

妊娠3ヶ月以降も葉酸は重要な栄養素であることは変わりないので、引き続き飲んだ方が良いと言えます。妊娠3ヶ月以降の葉酸が不足した場合は、細胞分裂によって胎児の成長サポートに繋がることから低体重など成長が遅れたり、血中の赤血球の材料となるために不足から妊娠中の悪性貧血になることもあると言われています。

 

産後では、子宮の回復が遅れたり、母乳の質の低下に繋がることもあると言われていたりと、妊娠3ヶ月以降も葉酸は母体や胎児によって重要な栄養素となることから妊娠中は摂取しつづけたほうが良いです。

妊娠がわかってから葉酸を飲んでも遅くない?

妊娠がわかってから葉酸サプリを飲んでも、決して遅いことはありません。

 

なぜなら、葉酸は緑黄色野菜や納豆など身近な食品に含まれているので、毎日の食事からの摂取がゼロではないでしょうし、妊娠が分かる時期はまだ脳や脊髄の成長が終わっていないことが多いと言われているためです。

 

実際に、妊娠がわかってから飲み始めている妊婦さんも少なくはありませんので、あまり不安にならなくても大丈夫です。

妊娠初期に葉酸を飲まなかったら危険なのか…

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

妊娠初期に葉酸を飲まなかったからといって、あまり過敏に不安を感じる必要はありません。

 

妊娠発覚後どころか、妊娠初期を過ぎてから葉酸の必要性に気がつき飲み始める方も少なくはありません。サプリを飲まなかったからといって妊娠初期の奇形リスク回避ができていないと不安を感じられている方もいますが、そこまで不安になることはありません。

 

妊娠初期に葉酸を補給する意味は、あくまでも奇形のリスクを減らす作用があるだけで、葉酸が不足しているからといって必ずしも奇形に繋がるとは言われていないからです。

 

従って、妊娠初期に葉酸を飲まなかったとしても、気付いた時期にはじめれば大丈夫です。

 

葉酸には、以下のような効果もあるので、妊娠初期以降でも効果を確かめるのに遅すぎることはありません。ただ妊娠後期は葉酸の過剰摂取に注意して補給するようにしましょう。

〜妊娠初期以降の葉酸の効果〜
細胞分裂のサポートによって『胎児の成長を促進する』
胎児に酸素や栄養を与え続ける赤血球の形成に関与することで、『胎児の成長を支える』
赤血球形成に関わることで、赤血球減少によっておきる『母体の悪性貧血を防ぐ』
産後の『子宮や体力の回復』を早めたり、授乳中の『母乳の質や母乳の出を良くする』
妊娠5ヶ月〜7ヶ月以降におきやすく、早産や死産に繋がる可能性もある『妊娠高血圧症候群の予防に役立つ』

時期による推奨量については『妊娠中の葉酸の摂取量』を参考にして下さい。

授乳期にも葉酸の摂取は大切!

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

授乳期になると葉酸はもういいんじゃない?と勘違いされているママもいるようです。結論からいいますと、この時期の葉酸の摂取は絶対といっても良いくらいです。

 

栄養価の高い母乳を作るためには血液を作るビタミンBと葉酸が必要で、これが不足すると母乳がでなかったり、栄養価の低い母乳に・・・。健康な赤ちゃんの成長のためにも、この時期にもしっかり葉酸は摂取しておきたいものです。

 

産後の子宮のケアにも働きかけるのも葉酸!

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

上記の他にも、葉酸は産後の子宮をケアしてくれます。葉酸をしっかりと摂取していることで出産によって傷ついた子宮の回復が早くなると言われています。

 

葉酸は飲む時期は早ければ早いほうが良いですが、妊娠後でも摂取することで様々なリスクを軽減するだけでなく健康や美容のサポートもしてくれるのです。

 

産後の葉酸の必要性については『葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性と摂取量について』に詳しくまとめておりますので参考にしてください。

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?まとめ

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのか?摂取期間の疑問まとめ

葉酸サプリは、胎児の奇形リスクを減らすためにも『妊娠前〜妊娠4カ月頃』までの摂取が必要であり、妊娠初期以降に関しても、胎児の未発達や母体の貧血等を防ぐ効果があるために飲み続けた方が良いです。

 

また、授乳期までの胎児はもちろん母体にも良い影響を与える栄養素でもあるので、葉酸の摂取が必須である初期の時期に飲まなかった方でも中期からでも飲み始めることがおすすめです。

 

このことから葉酸は妊娠前から授乳期が過ぎるまでは飲んだ方が良いということになります。

 

葉酸の摂取が必須の時期に飲んでいないと、不安になる妊婦さんもいるかとは思いますが、飲まなかったからといって元気な赤ちゃんが産めない訳ではありませんので、あまり不安にならずに葉酸とともに残りのマタニティライフを健やかに過ごすようにしてください。

 

この記事の関連ページ

 

葉酸サプリ110番|現役医者が明かす妊娠中おすすめの葉酸サプリ

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top