妊娠中に魚介類は食べていい?

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

妊娠中は制限した方がいい!魚介類一覧

魚介類の写真

妊娠中に特に注意すべき食べ物は魚介類と言われています。その理由に『水銀』が含まれることが以前から懸念されておりますが、最近では放射能問題による『セシウム』も問題視されております。
ではどのような魚介類に『水銀』や『放射能によるセシウム』が検出されているのでしょうか?
このページでは妊娠中に食べるのを制限した方が良い魚介類一覧と制限する理由について、まとめてみました。

妊娠中に食べるのを気を付けるべき魚介類一覧

マグロ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類ミナミマグロ、クロマグロ、金目鯛、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなども含まれます。胎児に悪影響を及ぼしかねない『水銀』が含まれている可能性が高い食べ物と言われていますから、食べるなら制限するよう意識しましょう。
1回の量は刺身1人前程度までとし、多くても週に1回までにすることです。放射能に関しては、マグロ類は広く海を泳ぐ回遊魚なために、放射能の影響がほとんどないとされており、農林水産省が行っている調査でも放射能汚染はないとされているので、放射能に関する心配はありません。

 

貝類や甲殻類

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類妊娠中、食べてもいいのですが生で食べるのは食中毒の心配が懸念されます。
できるだけ新鮮なものを選んで、生ではなく火を通して料理したものを妊娠中は食べるようにしたほうがよいでしょう。

 

うなぎ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類美味しいのでついつい、食べ過ぎてしまうのですが妊娠中、特に妊娠初期の方には制限が必要です。うなぎ(特にやつめうなぎ)は、ビタミンAが非常に多く妊娠中のビタミンAの摂取は胎児に影響を及ぼすと言われています。このことから、妊娠中のうなぎの摂取は必ず制限するようにしましょう。一度に食べる量は1切れ程度が好ましいとされています。また、東京都、千葉県、茨城県などで放射性物質であるセシウムの基準値を上回るとして、うなぎの『放射能汚染』が水産庁より発表されていますから、この点からも妊娠中のうなぎはなるべく控えた方が良いと言えます。

 

さんま

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類さんまは、水銀の心配はなく、放射能に関しても、マグロ同様に回遊魚であるために心配ないとされており、放射性物質調査でも未検出とされています。
どんな食材でも食べすぎは控えなければなりませんが、さんまは妊娠中のホルモンバランスの崩れによる、免疫力低下や骨粗しょう症に働きかけると言われているので、積極的に摂取したいところです。

 

ほっけ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類水銀の心配はないものの、スーパー等で流通している北海道産のほっけから、放射性物質であるセシウムが検出されたと発表されていますので、控えたほうが良いでしょう。どうしても食べたい場合は、アメリカ産のものが未検出とされているので、そちらを選んだ方がよいです。

 

カレイ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類水銀は少ないとされていますが、カレイは海底近くに棲む魚であるために、放射能汚染につながりやすく、現在でも放射性物質の基準値を上回ることがあるとされているので、摂取は控えた方が良いです。

 

いわし

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類水銀の心配はないといわれていますが、千葉県産のいわしから放射性物質が検出されています。ただ、日本海を回遊するいわしは北上したり南下するため、春から夏にかけて九州地方でとれたもの、秋から冬にかけては北海道か日本海側でとれたものであれば、放射能汚染の影響は受けにくいとされていますので、季節によって産地をかえれば大丈夫です。

 

キンキ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類キンキのような深海魚は、放射能汚染の心配は殆どないとされていますが、水銀を含んでいると言われているので、なるべく摂取は控えた方が良いです。
ですが、食べてしまったからといって、すぐに水銀の影響に直結するわけではないようですので、その点の心配は要りません。

 

鮭(サーモン)

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類広く海を回遊する鮭は、放射性物質の基準値を上回る検出はないとされていますが、水銀が多く含まれると言われているので、妊娠中の摂取は避けたほうが良いです。

 

鱈(たら)

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類水銀の含有量が少なく、魚は胎児の成長を促すことから、妊娠中に摂取した良いとされていますが、過去に北海道産の鱈から放射性セシウムが検出されたと発表されています。今でも、鱈は移動がほとんどない魚なために、三陸沖から北海道にかけては、放射能汚染されているとの見方もあります。一方で、日本海側である石川県産のものは、安全だと考えられているので、鱈をたべる場合は、なるべく石川県産のものを選んだ方が良いです。

 

ブリ

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類水銀の心配がない安全な魚といわれていますが、太平洋側の岩手県でとれたブリから、基準値を超える放射性物質が検出されたことがわかっています。
反対に、日本海や瀬戸内海でとれるブリはその心配がなく、鹿児島県・愛媛県・大分県・長崎県・宮崎県産のものは安心だといわれているので、産地に気をつけて選ぶことが大切です。

妊娠中に食べ良い魚介類は何?

妊娠中に食べていい魚介類と食べてはいけない魚介類『水銀』を含まない妊娠中に好ましい魚は『青魚』・『白身魚』と言われています。あじ、さば、いわし、かつお、さんまや鯛やタラなどの魚になります。まぐろのように水銀が含まれている心配もなく栄養もバランスよく含まれていることで好ましいとされていますが、同じ魚だけなどさすがに栄養が偏りがちになりますので、色々な青魚を食べるようにしたほうが良いと言われています。あとは気になる放射能問題については最低限、産地をチェックして信頼できるスーパーから買うようにするようにし、レストラン等で食べるのは控えたいところです。

妊娠中の刺身や寿司などなるべくは生も避けること

産婦人科ドクター魚介類の中にも妊娠中に食べていいものと悪いものがありますが、食べて良いものでも食中毒を避けるためにも刺身などで食べるのは避けて火を通したものをなるべく食べるようにすることも大切です。
ただ、あまり制限してストレスになることも避けたいので、そこはバランスよく自身でコントロールすることも大切です。

 

産婦人科の医師が葉酸サプリの選び方を教える

この記事の関連ページ

 

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top