高齢出産のリスク

葉酸サプリ110番|トップページ > 35歳以上からの高齢出産のリスク

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

35歳以上からの高齢出産のリスクと対策について

高齢出産の相談をする女性

 

女性の社会進出による晩婚化によって、いまや高齢出産はめずらしいことではないとされていますが、同時にリスクの方も強調されています。ここでは、高齢出産のリスクや注意点なども紹介していきたいと思います。

高齢出産の5つのリスクとは?

高齢出産になると、母体だけではなく胎児にも負担がかかることで、母子ともに健康が叶わなくなる可能性があるといわれています。

 

1.妊娠力が下がる・妊娠しにくくなる

年齢とともに、妊娠率が下がるといわれており、特に35歳以上からの妊娠力の低下が著しくなるといわれているなど、妊娠が簡単ではなくなります。

 

2.妊娠高血圧症候群や糖尿病などになりやすい

高齢出産であるほどに、妊娠中で、高血圧やむくみなどが起きる妊娠高血圧症候群や糖尿病・甲状腺疾患・子宮筋腫などもおきやすくなると言われています。

 

3.染色体異常がおきやすい

ダウン症といった染色体異常がおきやすく、全てではありませんが、加齢による卵子の老化が原因との見方が強くなっています。

 

4.流産につながる確率が高い

年齢とともに、流産の確率も高まるといわれており、20代の10%と比較して、30代では15〜18%にもあがってしまうといいます。

 

5.難産になりやすく産後の回復も遅い

加齢による、体力低下や産道などが硬いといったことから、難産になりやすいとされていて、帝王切開になることも多く、帝王切開では感染症・血栓症・術後癒着などのリスクがあるといわれています。また、子宮など産後の回復も遅くなるといい、体力もすぐには戻らないと言われています。

注意点を守れば大丈夫!高齢出産をする上での注意点

40代2人目妊娠中

高齢出産には確かにリスクがありますが、デメリットばかりではないとされています。
例えば、高齢出産の場合は、ある程度の経済面や精神面にも余裕があるケースが多いことから、余裕を持って出産や子育てに臨めることが多いといいます。
他にも、子宮体がんのリスクが下がると言われていたり、妊娠中のホルモン分泌によって肌がキレイになるなど若返ったり、妊娠中に食事などに気を使うことで産後も健康的な生活をおくれるケースも多いといわれているなど、メリットもしっかりとあります。
高齢出産をする上で、いくつか気をつけなければならない点がありますので、理由も併せて紹介していきたいと思います。

 

1.出生前診断を受ける

出生前の相談高齢出産は、ダウン症のリスクが高まるといいますから、障害児の可能性を調べるためにも、産婦人科で出生前診断を受けた方が良いでしょう。ですが、検査を行う上で流産などのリスクが伴うこともあると言われているので、受ける際は医師と相談した上で行うことも大事です。

 

2.葉酸の摂取を心がける

葉酸の補給を心がける

1に関連した話になりますが、高齢出産はダウン症のリスクが高まるとされていて、葉酸の摂取によってそのリスクが下がると言われています。理由は、葉酸が卵子や精子の細胞分裂に作用することで、ダウン症につながる染色体異常の防止につながるもので、アメリカの研究では葉酸の摂取によって染色体異常が全体で70%も減らせたとの結果が出ています。女性だけではなく、男性も一緒に摂取することで、卵子・精子の染色体異常を防止して健康な赤ちゃんを産むことができるとされているので、夫婦一緒に摂取をしていきましょう。

 

3.塩分やカロリーを抑えてバランス良く

バランスの良い食事

高齢出産では、高血圧や糖尿病がおきやすくなることから、血圧を上げてしまうような塩分は控えて、糖尿病にならないためにもカロリーを抑えめにする必要があるともいいます。
同時に、妊娠に至らせるためや妊娠中の胎児の成長のためにも、きちんとバランス良く食べることも大事とされていて、外食やコンビニ弁当など偏った食事を行わないことも大事と言われています。

 

4.骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋を鍛える女性

お産は体力勝負とも言われいて、加齢によって体力がない場合は難産になるケースがあるなど、日ごろから適度な運動で体力を付けておくことも必要です。特に、骨盤底筋が必要とされており、ヨガやピラティスなどは骨盤底筋を鍛えるのに役立つとされています。

 

5.日頃からストレスはため込まない

ストレス解消をする妊婦

ストレスは、ホルモンバランスが乱れることから不妊になりやすく、妊娠中では胎児の成長に悪影響を及ぼすともいいますから、なるべくストレスをためないように努めて、心地よく過ごすことが大事です。心地良く過ごせば、体がリラックスした状態になるために睡眠もしっかり取れるようになるなど、ストレスを溜めず心地よくをモットーに過ごしましょう。

 

6.その他

お酒やタバコを注意する医者

当然ですがタバコやお酒やコーヒーの飲み過ぎなどの嗜好品は、妊娠率を下げたり、妊娠中では胎児の発育に悪影響を及ぼすこともあるといいますから、控えなければなりません。

高齢出産は リスクもあるが、成功者が多いのも事実!

高齢出産

高齢出産は、リスクが伴ったり気をつける点もあり、大変なイメージですが、元気な赤ちゃんを産んでいる方も多かったりと、高齢出産の成功者が多いのも事実です。
また、デメリットだけではなく、メリットの方もありますから、リスクばかりにとらわれて後ろ向きになるよりは、高齢出産を前向きに捉えて妊活を行っていった方が良いと言えそうです。

 

この記事の関連ページ

 

葉酸サプリ110番|現役医者が明かす妊娠中おすすめの葉酸サプリ

藤本美貴さん×葉酸サプリ110番 独占インタビュー

藤本美貴さんインタビュー記事はこちら

page top